記念品の名前入れはレーザー彫刻で

記念品の鉄板といえば名前入れ!レーザー彫刻で名前を入れましょう。 - 記念品の名前入れはレーザー彫刻で

記念品の名前入れはレーザー彫刻で

お祝いごとなどに送る記念品はいつまでも色褪せず、実用性が高いものを贈呈したいものですよね。

昨今では喜ばれる品として、レーザー彫刻を施されたものが定評があります。

レーザー彫刻とは、名前の通りレーザー機器を利用して硬度の高い材料でも深く彫ることができ、今まで名入れができない素材なども容易にできるサービスのことです。

卒業式や結婚式などはもちろん、様々なシーンで活躍できます。

安価で作成できる

レーザー彫刻をおすすめする一つの理由として、通常の名入れするよりも安価に作成することが可能です。

レーザーと聞くと値段が高いのではないかと思いがちですが、意外にもそんなことはありません。

以前は鉄や木材でも型を取って、さらに焼印をしていたので最低でも1万以上はしていました。しかし、レーザーにより早く、簡単に生産できるようになったため、素材にもよりますが1万を切ることに成功している物も多いです。

記念品に名前を入れたい場合にはレーザー彫刻にしておくと、いつまでも残るものなので相手も喜ぶはずです。

名入れしたい品を持ち込むのもOK

名入れをするときには、素材をお店に送ったり、持込して彫刻してもらうサービスもあります。

例えば、思い出の品に名入れをしたい場合には、直接レーザー彫刻することでより一層記念品としての価値を生みます。

また、素材を一からお店から購入して名入れする、オーダーメイドもやっています。

記念品は挙げる人によって変わってきますので、判断がつかない場合には持込よりオーダーの方が良いのかもしれません。

写真の切り絵もできます

ukjtd
名入れだけでなく、写真の切り絵も可能です。

例えば結婚式などで思い出の写真とともに名入れをすることで、最高の記念品となるでしょう。

昨今は木材や金属だけでなく、クリスタルなどを3Dにした美しい技術もあります。

無難ではなく、ちょっとしたサプライズをあげたい場合にはちょうどいいと思います。

レーザー彫刻で気をつけること

レーザー彫刻は少しの衝撃では消えないものです。

名入れを依頼するときには名前を間違えないのと、書体が希望通りにいかないことを覚える必要があります。

特に郵送する場合には、もう一度直してもらうときに修正料が必要なことも。

どんな名入れにしたいのかを十分に把握したうえで依頼をしましょう。

そして、レーザー彫刻ができない素材も存在するので、お店に確認を取る必要があります。

稀に樹脂などはレーザーを当てると溶けてしまったり、名入れしても見えづらいといった事態が起こりえます。ステンレスや真珠などは不可のところも多いので、そういったときは別の品を用意した方が良いですね。

お店に選びをしっかりと

名入れを依頼するお店は多種多様にあるので、どこにすれば迷ってしまうかもしれません。

お店によって名入れできる素材や大きさの指定されます。

また、希望のデザインができるのかどうかや料金が予算よりも高くならないかなども考慮しましょう。

サイトを見れると実際にやったサンプルを見れるので、自分のイメージと合ったデザインをしてくれそうなお店選びが重要となります。

世界に一つのギフトを作ってもらおう

レーザー彫刻の名入れは、完成すれば世界に一つしかない記念品となります。

素材にこだわったり、思い出の品に名入れすることで、忘れられないプレゼントになるはずです。

記念品というのは想いが込められていればいるほど大切なものです。

半永久的に褪せることない記念品を作るためにも、レーザー彫刻での名入れを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記念品といえば?

記念品オンラインは横浜マテリアル https://www.kinenhinonline.com/

更新情報